知らない人は要注意!輸入規制、禁止商品のまとめ

こんにちは 起業家アカデミーの平野慎二です。

今回は 輸入についての法律についてお伝えさせていただきます。

「この商品は輸入して大丈夫なのか?」といった事が初心者の場合は特に多いと思います。

引用元:http://www.customs.go.jp/mizugiwa/kinshi.htm
下記の商品は関税法でその輸入が禁止されていますので絶対に仕入れ無いようにしましょう。

1   麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚醒剤、あへん吸煙具 など
2   拳銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾、拳銃部品 など
3   爆発物
4   火薬類(黒色火薬、無煙火薬、爆薬、ニトログリセリン、ニトログリコール、ダイナマイト など
5   毒性物質、毒性物質を充てんした砲弾・ロケット弾、化学兵器 など
5-1  一種病原体(アレナウイルス・エボラウイルスなど)、二種病原体(ペスト菌・ボツリヌス菌など)など
6   「貨幣・紙幣・銀行券・印紙・郵便切手・有価証券」の偽造品・変造品・模造品
7   公安・風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物 など
8   児童ポルノ
9   「特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権・著作隣接権・回路配置利用権・育成者権」を侵害する物品
10   ブランドコピー商品、模造品、偽ブランド商品など

これだけだと具体的にどういった商品が販売禁止なのか分かりにくいので下記に具体例を示します。

・武器類とみなされる商品
 コスプレグッズなどで剣を模しているものもありますが、税関で止められることが多いです。
また事例として多いのがヌンチャクです。これもAmazonで販売禁止で輸入も規制されます。

・幼児向け商品
赤ちゃん用の商品は 口に入れてしまう可能性を考慮して 許可が必要な場合があります。
特に確実に口に含むようなおしゃぶりなどは厳禁です。
基本的には扱わない方が良いでしょう。

・電池含有商品
特にリチウムイオン電池は発火の危険性もあるので輸入が制限されています。
但しこれは通常の航空便の場合で、船便や別ルートの航空便を使う事で輸入はできますが、初心者の内は手を出さない事が無難です。

・ヘビ・ワニなどの革製品
ワシントン条約により輸入禁止です。
税関のホームページもチェックしましょう。

まとめ
法律は絶対なので、特に気をつけるようにしましょう。

また、最終的に税関が判断する為、税関に問い合わせるのが一番確実な方法です。
「この商品は大丈夫かな?」と疑問に思ったら、最寄りの税関へすぐに電話をかけましょう。

※各地の税関
http://www.customs.go.jp/kyotsu/map/

健全に稼ぐことが一番ですので。

今日はここまでですm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA