中国輸入とは?そのメリットと初心者が取り組むべき理由

こんにちは 起業家アカデミーの平野慎二です。

本日は、私がメインのビジネスとして取り組んでいる中国輸入ビジネスについてお話ししたいと思います。
起業家アカデミーにも実践者が多く、これまでにも多くの成功者を輩出していることからも、初心者が取り組んでもしっかりと利益を出せるビジネスと言えます。

※中国輸入実践者の声はこちらから!

 

そんな中国輸入ビジネスについて
・どういったビジネスなのか?
・どんなメリットがあるのか?

についてお話していきたいと思います。

その①:原価が安い為、利益率が高い

第一に、仕入れの原価が安く、高い利益率を出すことが可能なことです。

中国の仕入れは原価が安く、利益率で30%以上を出すことが他のビジネスに比べ容易となっています。
このことは物価の差や広い国土を持っている中国ならではで、実際に殆どの日本メーカーも中国に工場を有していることからもそのメリットは絶大です。

そして利益率が高いという事は「スタートに用いる資金が少なくて済む」という事に直結します。
はじめるにあたり、少ない資金で始められるにこしたことはありません。

また、比較的値引交渉にも応じてくれやすく、売れ筋の商品が見つかってきて大量に仕入れる段階になると 仕入れ原価がさらに安くなります。
実際に平野が月に500個程度仕入れている商品でも10~20%仕入原価が安くなった商品もあります。
ビジネスが上手くいけばいくほど、有利な状態で仕入を行うことが出来ます。

また為替の影響も受けにくいです。
例えばアメリカなどからの輸入ビジネスの場合、為替の影響をモロに受けてしまう事が多く、ビジネスが安定しません。

その②:仕入れをしやすい環境が整っている

第二に、仕入のしやすさです。
先程、仕入れの原価が安いというお話をしましたが、中国以外でも物価が安く、安く仕入れることが可能な国はいくつかあります。

しかし、中国から仕入れるメリットはその仕入れのしやすさも大きなポイントです。

具体的に他の輸入ビジネスと異なる点として、多くの「中国輸入代行業者」が存在している点です。
海外からの輸入の場合、当然言葉の壁や輸入の手続きなどがあり、初心者がいきなり一人で行うことは非常に難しいです。

しかし中国輸入ビジネスでは、すでに多くの輸入代行業者がそのサポートをしてくれるため 代行業者を通して
「交渉や仕入れは全て日本語でOK」
「商品の検品や梱包は全て代行業者に一任することが出来る」
「日本への輸入・通関の手続きなども全て」
というメリットがあります。

代行業者については、業者によって差はありますが、大よそ「仕入れ価格の5%の手数料」で利用できることが多いです。
たったの5%の手数料でこれだけやってもらえるならかなりお得ですね。

その③ 扱える商品の種類が多い

第三に、扱える商品種類の豊富さです。
中国は元々、「世界の工場」と呼ばれるほど工場が存在しており、服、シューズ、カバン、家電、スポーツ用品、カー用品、など それらを作っている工場が無数に存在しています。
インターネットでの仕入れも同様に 多岐にわたる商品を扱うことが出来ます。

扱える商品の種類が多い=扱える市場が多い 事にもつながります。
その為 大きな売り上げ・利益をあげる事が可能で競合が多少増えたところで元々の市場が大きいので大した影響がなく、ビジネスを継続させることが出来るのです。

商品の一例をここで紹介します。

・スマートフォン ガラス保護フィルム

店舗で売っているガラスフィルムなどは1000円を超える物が殆どですね。
しかし、中国のインターネット上ではなんと「8.1元」で仕入れることが出来ます。
今の為替が1元≒17.5円 なので、142円ですね。
ここまで価格差のある商品があるのが中国輸入の魅力です。

・パーカー

こちらも63元=約1100円で手に入ります。日本では安くても2000円代で売っているようなものなので、確実に利益を出すことが可能です。

いかがでしたでしょうか。

もし中国輸入ビジネスに興味がある、やってみたいというかたは無料相談やセミナーを開催していますので、そちらから質問・相談して頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA