個人で物販ビジネスを行う際のポイント

こんにちは 起業家アカデミーの平野慎二です。

今回は 個人で物販ビジネスを行うにあたり
どんなことが必要なのか
どう進めるのか?

についてお話ししたいと思います。
初心者の方が良く思われる「難しそう」と思われる部分や
私がビジネスを開始した当時に「こういったことを知っていればよかった」と思ったことについて紹介していきます。
これからビジネスをされる方に向けて 是非参考にしてください。

●時間

私のように副業で始められる方や、主婦の方によく聞かれるのが「どのくらいの時間をかければ良いのか」といった部分です。

更にいうと「一日何時間やればいいですか?」といった質問です。

答えは「稼げるまでやって下さい」です。

…身も蓋もないようですが、これが真理です。
なぜなら個人でビジネスを行う以上 会社員のように決められた時間働けば報酬を得られることはないわけです。

最初は時間を費やす必要があります。「1日1~2時間やって稼げますよ」
という無責任な言葉は決して私は言いません。
ただ、慣れてくれば 仕事のスピードは勿論あがってくるでしょうし、人に任せてもいい業務はスタッフさんに委託するなどの仕組みを作れば自分の時間を使わずに稼ぐことも十分可能です。

なので、最初は時間をしっかりと使ってコツや重要なポイントを抑えて行く事です。

といってもインターネット物販ビジネスについては副業からはじめて月の利益が30万円、100万円と挙げている方を何人も知っているので

「会社に行きながら 主婦をやりながら」でも稼げることは間違いなく言えると思います。

 

●資金

加えて気になるのが、「どれくらいの資金が必要なのか?」ですね。

これは利益率によっても変わってきますが、例えば私の場合最初の仕入れは5万円からでした。
トータルで使える金額も30~40万円位だったと思います。

最初に仕入れた5万円を 利益を載せて販売する事で 10万円にし
10万円を20万円に⇒20万円を40万円に・・・と段々と資金を増やしていくことが重要です。

 

●言葉の壁

輸入や輸出を行う場合、全くの未経験者が「難しそう」と感じるのが言葉の壁です。
因みに私は英語、中国語共にほとんどしゃべれません。
英語はまだ理解できますが高校生レベルで止まっています。
中国語に至っては「ニイハオ」「シェイシェイ」位しかわかりません。
ですので、まずはインターネット上での仕入れから行っていきましょう。
インターネット上であれば分からない言葉は翻訳サイトで調べれますし、サイトのURLを業者などに送って「これどういう意味?」と聞くこともできます。

因みに私が使っている翻訳サイトとして
Google翻訳  https://translate.google.co.jp/
Weblio辞書  http://www.weblio.jp/
といったサイトがあります。

むしろこの2サイト以外はほとんど使った事が無いですが問題なくビジネスを行えています。

●最後に

色々と書きましたが、一番大事なのは

「スタートする事」 「行動する事」です。
やってみると 心配していたことは意外と大したことのないことがほとんどです。
個人での商品の仕入れ、販売といった物販ビジネスを行う事は思ったよりも簡単にできます。
あとはしっかりと行動するだけなので まずは始めてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA